Tags

  • Phoebe Bridgers

    • Phoebe Bridgers - Smoke Signals

      去年のベストPVの一つですね。白黒の映像に、本人がここまでハマるともう太刀打ちできない…って思うんですけど、なんか猛烈に良い曲を書きたくなる…。そんな曲でもあり…
  • suspiria

    • Suspiria - Teaser Trailer

      ルカ・グァダニーノによる新作公開が楽しみなので、ダリオ・アルジェント版をチェック。聞きしに勝る快作だった。まさに「色彩の暴力!」って感じでクラクラするのと、全編…
  • Luca Guadagnino

    • Suspiria - Teaser Trailer

      ルカ・グァダニーノによる新作公開が楽しみなので、ダリオ・アルジェント版をチェック。聞きしに勝る快作だった。まさに「色彩の暴力!」って感じでクラクラするのと、全編…
  • Fazerdaze

    • Fazerdaze - Lucky Girl

      90年代後期のシンセ導入してコズミック感乗せてた頃のギタポっぽいっつうか、ほぼ疾走感しかなくて最高なFazerdazeですけど、このビデオ、センスが良いですね。…
  • Sibille Attar

    • Sibille Attar - I Don't Have To

      「女性SSW」で検索したら、「雨後のたけのこ」ってサジェストされそうな昨今ですが、めげずに掘り続ける所存。このSibille Attar、スウェーデンの人みたい…
  • Lily Allen

    • Sibille Attar - I Don't Have To

      「女性SSW」で検索したら、「雨後のたけのこ」ってサジェストされそうな昨今ですが、めげずに掘り続ける所存。このSibille Attar、スウェーデンの人みたい…
  • Cannibalism

    • RAW 〜少女のめざめ〜

      少女はめざめる。自らの内にある「食人嗜好」に、である…。ガハハハハ。粗暴な制度と艶かしくも爛れた性、そして数多くの「死」に囲まれた寮生活というゴリッゴリにストレ…
  • Garance Marillier

    • RAW 〜少女のめざめ〜

      少女はめざめる。自らの内にある「食人嗜好」に、である…。ガハハハハ。粗暴な制度と艶かしくも爛れた性、そして数多くの「死」に囲まれた寮生活というゴリッゴリにストレ…
  • Sam Rockwellサム・ロックウェル

    • スリー・ビルボード

      失意の母が動く。実の娘を暴行の末に殺害した犯人を未だに逮捕出来ないでいる地元警察に業を煮やし、その署長を激しく非難する三枚の広告板を立てたことに端を発する騒動が…
  • Frances McDormand

    • スリー・ビルボード

      失意の母が動く。実の娘を暴行の末に殺害した犯人を未だに逮捕出来ないでいる地元警察に業を煮やし、その署長を激しく非難する三枚の広告板を立てたことに端を発する騒動が…
  • Caleb Landry Jones

    • スリー・ビルボード

      失意の母が動く。実の娘を暴行の末に殺害した犯人を未だに逮捕出来ないでいる地元警察に業を煮やし、その署長を激しく非難する三枚の広告板を立てたことに端を発する騒動が…
  • Woody Harrelson

    • スリー・ビルボード

      失意の母が動く。実の娘を暴行の末に殺害した犯人を未だに逮捕出来ないでいる地元警察に業を煮やし、その署長を激しく非難する三枚の広告板を立てたことに端を発する騒動が…
  • Martin McDonagh

    • スリー・ビルボード

      失意の母が動く。実の娘を暴行の末に殺害した犯人を未だに逮捕出来ないでいる地元警察に業を煮やし、その署長を激しく非難する三枚の広告板を立てたことに端を発する騒動が…
  • Anna Burch

    • Anna Burch - Tea-Soaked Letter

      あまりに90年代の香りが強すぎるのが玉に瑕なんすけど、良いよね。Anna Burchのファーストアルバム『Quit the Curse』より、アップテンポな一曲…
  • 冨永昌敬

    • 南瓜とマヨネーズ

      大昔、稲田堤に住んでいた頃、間違って終電間際の京王線の車中で読んで泣いた。以来、漫画をあまり読まない俺にとって困ったことに思い出深い一冊となってしまった、魚喃キ…
  • 魚喃キリコ

    • 南瓜とマヨネーズ

      大昔、稲田堤に住んでいた頃、間違って終電間際の京王線の車中で読んで泣いた。以来、漫画をあまり読まない俺にとって困ったことに思い出深い一冊となってしまった、魚喃キ…
  • 臼田あさ美

    • 南瓜とマヨネーズ

      大昔、稲田堤に住んでいた頃、間違って終電間際の京王線の車中で読んで泣いた。以来、漫画をあまり読まない俺にとって困ったことに思い出深い一冊となってしまった、魚喃キ…
  • 大賀

    • 南瓜とマヨネーズ

      大昔、稲田堤に住んでいた頃、間違って終電間際の京王線の車中で読んで泣いた。以来、漫画をあまり読まない俺にとって困ったことに思い出深い一冊となってしまった、魚喃キ…
  • オダギリジョー

    • 南瓜とマヨネーズ

      大昔、稲田堤に住んでいた頃、間違って終電間際の京王線の車中で読んで泣いた。以来、漫画をあまり読まない俺にとって困ったことに思い出深い一冊となってしまった、魚喃キ…
  • Peter Tscherkassky

    • Peter Tscherkassky - Dreamwork

      Peter Tscherkassky(ペーター・チャーカスキー)っていう人のことを初めて知ったんですが、オーストリアの前衛映像作家で、主にFound Foota…
  • Avant-gardeアヴァンギャルド/前衛

    • Peter Tscherkassky - Dreamwork

      Peter Tscherkassky(ペーター・チャーカスキー)っていう人のことを初めて知ったんですが、オーストリアの前衛映像作家で、主にFound Foota…
  • Opera Mort

    • Peter Tscherkassky - Dreamwork

      Peter Tscherkassky(ペーター・チャーカスキー)っていう人のことを初めて知ったんですが、オーストリアの前衛映像作家で、主にFound Foota…
  • Kiawasch Saheb Nassagh

    • Peter Tscherkassky - Dreamwork

      Peter Tscherkassky(ペーター・チャーカスキー)っていう人のことを初めて知ったんですが、オーストリアの前衛映像作家で、主にFound Foota…
  • Kathryn Bigelowキャサリン・ビグロー

    • デトロイト

      「白人が悪い」とか「黒人は可哀想」みたいな反レイシズムを装ったセンセーショナリズムから千歩以上の距離を取り、堕落した人間も堕落した行為も、それを可能とするコンテ…
  • John Boyega

    • デトロイト

      「白人が悪い」とか「黒人は可哀想」みたいな反レイシズムを装ったセンセーショナリズムから千歩以上の距離を取り、堕落した人間も堕落した行為も、それを可能とするコンテ…