バウス


  • 昨年の開催からboidの代名詞にもなりつつある吉祥寺バウスシアターを使った映画上映イベント。"通常の映画用音響ではなくライブ音響システムを使用した迫力のライブ・サウンド上映"ということで、映画ファンだけでなく音楽方面や様々な分野に携わる"音フェチ"の方々にとっても確実に話題を振りまくイベントです。

    今年は青山真治の"幻の作品"(その理由は....オフレコ!)『コオロギ』や、アップリンクの定期上映で地味ながら評価の上がり続ける『国道20号線』など、日本のシネフィルも大喜びの一方、ゴダールの『映画史』とか『地獄の黙示録』など内容も時間もディープな映画も沢山。

    個人的にはライブ/レクチャーが昨年ほど興味をそそらればいが(単純に自分のアンテナのせい)"組織票が入った"という噂の(主催の樋口さん自身がコメントしているので....。詳しくは3/25のboid日記参照)『デトロイト・メタルシティ』や、鑑賞済みの『2001年〜』や『マルホランド〜』『ゾンビ』なんかを、改めて爆音で体験するというのがこの際作法として正しいかも。やはり良いものを、巨大なスクリーンで、大きな音で体験する(そう!映画は見るのではなく体験するもの!)のが本来の映画に対する向き合い方で、それを論考ではなく具体的に提示しているという意味で、やはり支持すべきイベントだと思っています。5/29より。

    http://www.bakuon-bb.net/top.php

    mrarmstrong2009-05-28 05:31

    Thumb cecc2ef235a45edd3131fa812c279156