Book書籍/本


  • 真偽判定しづらいんですが、『ハリー・ポッター』を食わせたAIが書いた『ハリー・ポッター』のパスティーシュ。『ハリー・ポッターと巨大な灰の山らしきものの肖像』ってタイトルが既にヤバい。山形浩生さんのサイトで一部訳掲載されててありがたい。

    山形浩生の「経済のトリセツ」AI ハリー・ポッターの衝撃 - 山形浩生の「経済のトリセツ」『ハリー・ポッターと巨大な灰の山らしきものの肖像』 AIにハリポタ全巻喰わせて、新作を生成させたそうな。まあご覧あれ。 Botnik Studios こいつを見…

    ハリーはヴォルデモートが真後ろに立っているのがわかりました。かれはかなりの過剰反応を感じたのです、ハリーは自分の頭から両目玉を引きむしると、それを森に投げ込みました。ヴォルデモートはハリーに向かって眉を挙げてみせましたが、ハリーはいまや何も見ることができませんでした。

    山形さんの書いている「むしろ人工知能が明らかにしているのは、ぼくたち人間の知能や創造性と称するものがいかに制約されていて、型にはまっているかということだと思う。」っていうのも興味深く重要な指摘だと思う。

    これやってるBotnik Studiosって、創作物から文章のクセを読み取って、入力した単語に合わせて次に来る単語を予測してくれる「Predictive Writer」というWEBアプリも公開していて、それも面白かったです。

    http://botnik.org/apps/

    mcatm2018-01-11 14:40

    Thumb 6602a2146fe35a0528134368d17dc8ec
  • 「テッド・チャンに続く現代アメリカSFの新鋭」と呼ばれるケン・リュウの短編集。中国に生まれ、アメリカに育つというその出自、プログラマーとしてマイクロソフトで働き、弁護士としての顔も持つという多才ぶりも納得の、突出した守備範囲の広さが反映された多彩なテーマを詰め込んだ15編の短編が収められている。

    最初の二編(『紙の動物園』『もののあはれ』)を読んだだけで、大衆受けもしつつ、世界の掘り下げ方も決して甘くないその才能はひしひしと伝わってきたが、その印象のまま一冊読み終えた。SF作家必須の「特殊で興味深いシチュエーションを作り上げる」能力が竜巻のように荒れ狂い、シチュエーションの渦が脳味噌を刺激した。

    包装紙で折った動物たちが動き出す魔法のような時間が崩壊していく表題作『紙の動物園』や、ヒューゴ賞受賞作『もののあはれ』は言うに及ばず、結び目を言語として使用する未開民族を自社の利益のために利用しようとする『結縄』、人工知能(?)を持つ新種の人類が大多数になった世界を新人類側から描いた『どこかまったく別の場所でトナカイの大群が』、宇宙開拓の旅に出た人々が未来の探検者たちに迎えられるという倒錯を描き、進化を通して話が創世まで飛躍する神話的な『波』、妖狐とそれを狩る少年の運命を描きながら、古い魔法が新しい魔法によって駆逐される世の理を書く傑作『良い狩りを』など。文体も読みやすく、如何にもSF的な設定の突飛さと、それを血肉化するための修辞や細部の描写のバランスも心地よかった。極端な難解さもないので、万人にオススメできるSF小説の傑作。

    eBooks紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)早川書房

    mcatm2018-01-08 02:43

    Thumb 5aff1177356e05dcc235bf92bdffcca8
  • 全米書店組合(ABA)によれば、アメリカでは2009年から2015年の間に、独立系書店が35%も増加し、予期せぬカムバックをしている。

    電子書籍の登場で、紙の文化は死に耐えると言われてきたけど、データ化してしまうと全く不要になるCDとかと違って、紙の本とかそれを手に取ることの出来る本屋の生存価値がなくなることなんてないと思います。欧米でその流れが明らかになってきたという記事。

    NewSphereなぜ紙の本が復活? 「美しい本」と独立系書店の取り組みとはオンライン・リテールの世界にアマゾンが登場したのは1995年。以来、書店に足を運ぶ人が減り始め、多くの書店は苦境に陥った。アメリカでは大手でさえも生き残れず、書…

    mcatm2018-01-05 11:01

    Thumb cc9ff9f52337fe28ec8c5c159c38ce81
  • 寡聞にして今まで名を知らなかった本格推理の作家、ヘレン・マクロイの長編四作目『あなたは誰?』を読了。

    Bookあなたは誰? (ちくま文庫)筑摩書房

    謎の人物からの「ウィロウ・スプリングには行くな」という脅迫電話に怯える女性の描写から物語はスタートするが、遂に殺人が起こり、事態は最悪の展開を見せたその時でさえ「あんなに面白い人が殺されるわけない」というオモシロワードで締めくくる辺りとか、超常現象なのか、手の込んだ悪戯なのか、ファジーなまま時が淡々と過ぎていくあの不可逆な取り返しのつかない感じとか、ロバート・エイクマン『奥の部屋』をも彷彿とさせる雰囲気の推理小説。

    Book奥の部屋: ロバート・エイクマン短篇集 (ちくま文庫)筑摩書房

    これが1940年代の作品っていうのもちょっと信じがたい、挑戦的な内容の推理小説。本格推理好きの俺も「う~~~ん」と満足してしまうような謎と展開が待っていて、単なる雰囲気ものの小説でないところにも、他の作品を読んでみたくなる代えがたい魅力を感じました。ヘレン・マクロイ、もう二冊目注文してしまった。

    mcatm2017-01-11 23:15

    Thumb d8a73c7ba65d5ccd764d49d0e4d64d82
  • LONDON DECO

    2014-03-10 12:02

    ロンドンの町並みを手書きで描き起こしたという「LONDON DECO」。
    とても気になる。

    ロンドンの建築を緻密に描いた作品集“LONDON DECO”がすごい!代官山 蔦屋書店に関するイベント情報やコンシェルジュが薦める商品をご案内するブログです…

    BookLondon Deco (Leporello)Nobrow

    mcatm2014-03-10 12:02

    Thumb a0529fb9035df66db4ed52f4d9e48216
  • 不覚にもちょっと感動した。

    元ムーノーローカルのさやわかさんによる、「ボタンを押すと画面が反応する」遊びとしてのゲーム史を紐解く、星海社新書からの一冊。あまりの面白さに、速攻読み切った。

    テーマの設定、子供に語りかけるような語り口、テーマからは外れないそれでいて広い守備範囲、そしてゲーム史を「現代の視点で語る」のではなく、適切な史料を元に「当時の視点で語り直す」というメソッド。丁寧な考察の積み重ねで、僕らが「知っていた」ゲームの世界の「見落としていた」側面が、ミステリー小説を読み解くような興奮を味わうことができます。(「コミュニケーション」というキーワードで、ポケモンとアレを結びつけた時、俺は少なからず感動した)その辺り、目次を読めば少しだけ理解出来るかも。

    はじめに なぜ「ゲームの歴史」が必要なのか
    第1章 スーパーマリオはアクションゲームではない
    第2章 僕たちは誰を操作しているのか
    第3章 物語をシミュレートする
    第4章 体感と対戦
    第5章 CD‐ROMの光と影
    第6章 終わりの/と始まり
    第7章 楽しみはゲームの外にある
    第8章 あたらしい一人称
    第9章 「別世界」から「現在」へ
    おわりに ゲームの未来

    この本では、ゲームの歴史における何をも否定/批判していないのも、評論の在り方として凄く共感できる姿勢でした。これは暗に、現在のゲハ〜ゲーム機論争のような不毛な言論空間に対する牽制なんじゃないかな。ただ唯一「既存の価値観に囚われる姿勢」が陥る結果を、歴史を参照することで示しているのが、自省も込みでハッとさせられます。

    個人的には、相変わらずゲームはプレイしているものの、最近のゲーム業界の傾向にかつて感じたような興奮を感じられずにいた僕のような人間が、改めて「これからも面白いゲームがプレイ出来るのかも!」と感じられるような、そして今すぐゲームをプレイしたくなるような、本当にやさしい評論でした。月並みになりますが、ゲーム好きなら必読じゃあないだろうか。次は、俺の持論であります「ドラクエはアクションゲーム」を基点にもう一冊書いて欲しいです!!

    Book僕たちのゲーム史 (星海社新書)講談社

    mcatm2012-10-07 01:01

    Thumb 8d8263780eeb017a46a5e3625290c57c
  • 我らがデルモンテ平山さんの、「このミステリーがすごい!」一位獲得作である本作を、遂に入手!すごかった…。こんなにも美しいゴア小説は、未だかつて読んだ事がない。デストピアものや、SFも含まれていたりするが、基本は残虐描写がふんだんに盛り込まれた、直視に耐えない物語。だが、巧妙な語り口とアッと言わせる展開に、投げ出す事も飽きる事も無いまま読了した。

    心の汚い人の住む町に暮らすうちに、自らも人を蔑むようになるという残酷物語や、養父やクラスメートからの虐めに耐えかねて、連続殺人鬼に救いを求める少女の話、ヤクザの人肉処理師として、人を食べ続ける巨人の世話をする話など、あらすじをなぞるだけで読む気の失せる短編の連続。しかしながら表題作「独白するユニバーサル横メルカトル」は凄い。なんと、地図帳の独り言である。設定だけで卒倒するが、そんな中でも珍奇さに寄りかかるわけではなく、物語的に美しい展開を見せる物語「だけ」が収められている本著は、ゴア描写に耐性のある方にはお勧めです!

    Book独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)光文社

    mcatm2010-05-12 01:21

    Thumb 05f29811692f178fe2db4fe40f64b443
  • The Book Cover Archive

    2010-02-16 10:03

    ブックデザインをアーカイブしているサイト。サイトのデザインも美しい(特にメニューのプルダウンとか!)けど、集めている表紙の数々にも魅了される。グランジっぽいテクスチャーを使うのが流行ってるのかなあ。定期的に閲覧したいサイト。

    http://bookcoverarchive.com/

    mcatm2010-02-16 10:031

    Thumb 342b5aeb24626dd5255781678cc10d6f
  • メディアマーカー

    2009-01-26 15:46

    凄く使いやすい本棚。
    この手のサービスはたくさんあって、そのたびに使ってきたけど使用感がいまいちだったり、ライブラリが少なすぎて話しにならなかったりしたけど。これに関しては、ユーザーもそこそこ活発に書いているようで使っていて面白い。

    そして、自分がいかに漫画にお金を費やしているかがわかる。今年はこれ、付けていけたらな…。

    んで、自分のブログにちゃんと読み込んで使おう。

    komugiのバインダー - メディアマーカー

    komugi2009-01-26 15:462

    Thumb 7ef4c70836e08afdf39912b9ad65bca4
  • Published in 1935, the Secret Museum is a mystery book. It has no author or credits, no copyright, no date, no page numbers, no index. Published by "Manhattan House" and sold by "Metro Publications", both of New York, its "Five Volumes in One" was pure hype: it had never been released in any other form.

    1935年発行の同名の奇書「The Secret Museum of Mankind」のオンラインアーカイブ。

    おそらく戦前もしくは戦時中に撮影された各地の民族の写真が、アメリカ、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、オセアニアで分けられて掲載されてる。

    アフリカがずばぬけてやばそうだとおもったあなた。
    予想を裏切られるよ。

    地球上のどの民族もめっちゃ濃ゆいから!
    超アウトサイダー。

    この写真はちなみにアイルランド。

    The Secret Museum of Mankind

    compuedit2008-10-16 02:24

    Thumb ec72ffa9107e15b52fd19151de4bf949
  • 洋販の倒産

    2008-08-01 18:09

    YOHANが倒産だって!

    洋雑誌に関しては、日本ではほとんどYOHANしか取り扱っていなかったため代替がきかない。基本的に洋雑誌は水曜と土曜に入荷するのだが、今週の土曜日の週刊誌などは、もはや手配が絶望的だ。当分入荷手配が難しいことを考えると、かなりの顧客離れが進むだろう。日本の洋雑誌市場はこれをきっかけに壊滅するかもしれない。

    でもって、ABCがブッコフの傘下だって。

    ICGは、ABCの支援を最初日販に持ちかけたらしいが、それが断られ、結局ブックオフに依頼することになったらしいという噂を聞いた。去年からブックオフは裏ではABCを買収しようとしていたので、ブックオフにとってはこの話は渡りに舟だったはずである。

    ABCの親会社がどうなろうが、ABCの店の雰囲気とか品揃えとかが変わらなければ個人的には問題ないんだけど、取次が倒産するってことは商品構成に絶対影響出るよね。

    普段から、洋書や洋雑誌をガンガン買ってるわけではないけれど、本屋で洋書や洋雑誌を選ぶっていう選択肢すら奪われるとしたら本屋に足を運ぶ機会が絶対減る。

    でもってAMAZONにアクセスすると。

    商品はたとえAMAZONで買えるとしても、ABCに入ったときの尋常じゃないワクワク感は別物。
    どうにか維持してほしいな。

    はてなダイアリー洋販の倒産 - 本屋のほんねYOHANに対する銀行の融資がストップ、7月末で破産予定という情報を入手したのは、わずか2日前だった。..…

    compuedit2008-08-01 18:09

    Thumb baf4526ba1217fa85921b685a7516323
  • JAPROCKSAMPLER.COM

    2008-05-24 17:31

    ジュリアン・コープの書籍「Japrocksampler」の公式サイト。みんな大好きkleberデザインのサイトで。見出しh2がフラッシュになってて…もしや、自動で読み込んで表示させる何か…?!と興味津々な訳ですが。

    内容も、大変興味深いですね。
    戦後から50年代、60年代の日本の前衛シーン、グループサウンズとかについて書かれてるぽい。

    それにしても一冊の本のサイトなのに、この充実度。アーティストに関する説明は本文中にはあまり書かずにwebに持ってきたとかそういう事なのかな?

    ・Heino Keiji(…ヘイノ?!)

    http://www.japrocksampler.com/artists/japrock/heino_keiji/" target="_blank">http://www.japrocksampler.com/images/artist_fullsize/686.jpg">http://www.japrocksampler.com/artists/japrock/heino_keiji/" target="_blank">Keiji Heino • Julian Cope presents JAPROCKSAMPLER.COM

    お写真が麗しすぎます。アイスて。

    http://www.japrocksampler.com/

    komugi2008-05-24 17:31

    Thumb 0fccdfaebf4c23f08228d19b69a8f9cb
  • チン・ミュージックとは、アメリカの小説家、マーク・トウェインが牧師の能弁な説教を表すのに使った言葉。その言葉を社名に冠するチン・ミュージック・プレスは、この6年間に非常に素晴らしい書籍の数々を作り出してきた、東京とシアトルに拠点を置く出版社。詳細にまでこだわって装丁された日本製の本4冊は、西洋の読者に日本をより身近に感じてもらおうとするだけでなく、高品位印刷やエッチング、ハードカバーのデザインなどのあらゆるディテールへの情熱で読者を虜にしている。

    チン・ミュージック・プレスのインタビュー記事。この出版社、随分素晴らしい装丁(実際に手にとってみたい)を手がけているみたいなんですが、あの「hitotoki」のデザインもここなんですね。写真を見ているだけで楽しめる、良記事。

    pingmag.jp - This website is for sale! - デザイン Resources and Information.This website is for sale! pingmag.jp is your first and best source for all of t…

    mcatm2008-05-16 21:57

    Thumb 916cc16e7b95fc3672efcf0a7cf5cb93
  • ニコ動で動画をみまして、グッときたのでポスト。

    ● ニコニコ動画 世界の美しい図書館集めてみた【第一弾】
    ニコニコ動画世界の美しい図書館集めてみた【第一弾】世界の美しい図書館集めてみた【第一弾】 [歴史] 第六弾まであるよ  ■次【第二弾】→sm3025295  ■新作【第六弾】→sm19955600  ■マイリス…
    ● ニコニコ動画 世界の美しい図書館集めてみた【第二弾】
    ニコニコ動画世界の美しい図書館集めてみた【第二弾】世界の美しい図書館集めてみた【第二弾】 [歴史] 俺の図書館フォルダが火を吹いたんだぜ ■次【第三弾】 →sm3080570 ■新作【第六弾】→sm199556…

    写真とサイトはリオ・デ・ジャネイロの幻想図書館。

    図書館は世界で最も幻想・空想的な場所のひとつ。だと思います。
    まるで白昼夢。なんたって、四角くてアナログなんだものー。

    『本は美しい親愛をもって私を囲んでいる』(室生屑星)という。

    http://www.realgabinete.com.br/h

    あきお2008-04-19 00:533

    Thumb b7666506694b8df4fff0d5185abe7ea3
  • 廃墟図書館

    2008-04-07 12:24

    例にもれず、廃墟写真は好きなんですけど。
    図書館ってのは、はじめて見たなー。

    Заброшенная библиотекаСъездили тут с trouble_world на один заводец, вот, выложу один из его кусочков -…

    komugi2008-04-07 12:243

    Thumb 99a37f6ddb6d238a9fb68ecdf9052b5e
  • All About の「フリーランス」担当者によるフリーランスのハウツー本、についてのDANさんの批評。

    自宅警備員必読書だな、こりゃ。

    404 Blog Not Found:明日香艦隊の新旗艦 - 書評 - 〈独立成功〉完全マニュアル

    compuedit2008-01-31 12:54

    Thumb baf4526ba1217fa85921b685a7516323
  • そして、これは何度でも声を大にして言いたいのだが、ケータイ小説がこれだけ耳目を集める理由はひとえにエクスプロイテーションの世界であるからだ。

    ケータイ文化の事を理解できないおっさんであることは認める。認めるけれども、「大人に(おっさんに/おばさんに)理解されず蔑まれた文化が、全てニューウェーブ」という考え方には、全力で「NO!」と叫びたい。

    「じゃあ、何なの?」という問いに、「エクスプロイテーション(意訳:びっくらかし)」と答えた名エントリ。

    はてなダイアリー

    mcatm2007-11-09 18:421

    Thumb cc9ff9f52337fe28ec8c5c159c38ce81
  • ゲームブログ界の重鎮でいらっしゃるわぱさんに見て頂けたこともなく、また新清士さんや野安ゆきおさんよりはるかに無名で言ってることもつまんねーらしい多根でございます。

    はてなダイアリー「プレステ3はなぜ失敗したのか?」新書で発売 〜 自分なりの考察も - わぱのつれづれ日記据置ゲーム機戦争で、日本では2番手につけながら世界的には苦戦しているPS3。WiiやXbox360もそれぞれ穴はあ..…
    http://gamenokasabuta.blog86.fc2

    上記URLを二つとも見ていて思ったのですが、何言ってんだと思った(©クタタン)。多根さんオモロいよ!「糞ゲー」の方じゃなくて、「ゲーム批評」での多根さんの文章を貪るように読んでいたんだ。「この人はゲームの批評を、芸術批評の段まで押し上げる人なのだろうなあ…」と、勝手に期待していたのに、「ゲーム批評」終わっちゃった。悲しい。今度「ゲーム批評」引っ張り出してきて、多根さんの「ドラクエ」評を読み返したい。あれは素晴らしい論文だった…。

    ということを言いたいんじゃなくて、多根さんがきちんと「カチンと来た」表明する人で良かった、面白かった、と言いたかったのだ。プレステ3本、買います。

    『プレステ3はなぜ失敗したのか?』、(ほぼ)増刷決定!: SIZUMA DRIVE

    mcatm2007-09-12 19:53

    Thumb cc9ff9f52337fe28ec8c5c159c38ce81
  • The Deep

    2007-04-25 12:12

    やっべえ、みんな大好き深海魚の時間だヨ!
    本の販促ページみたい。実物欲しいわ。

    AduQ, Domino QQ, Domino99, Poker88, BandarQ, Capsa SusunSenikartu Merupakan Agen Judi AduQ yang menyajikan permainan terbaik dan popular…

    mcatm2007-04-25 12:122

    Thumb 217479a24f5b98bcd9028a1675b0f69e