Free Soulフリーソウル


  • Skindo-le-leが動いてるっつうの。まじで。インターネットありがとう!

    90年代クラブシーンで湧き起こった阿川泰子再評価の大本命曲。クラウディオ・アマラル率いるグループ「Viva Brasil」をバックに吹き込んだLP「サングロウ」収録。どうもYouTubeで彼ら(?)をバックに歌ってる動画も見かけたけどこっちの方が音がよかったのでさー。阿川さんの化粧もこっちの方が絶対パンチあるし。

    いまさらなのかもだけど「Fine!」ってアルバムとかも並んでDJ人気高かったり、「L.A. Night」あたりが当時ロンドンダンスチャートに入ってたりとクラブジャズシーンと親和性の高い方なのです。

    子どもの時は「いつもソフトフォーカスかかってる」&「コピーは三田」のイメージしかなかったですけどね。

    そうだ、エヴァのアスカやってた宮村優子もカバーしてますよアルバムで。Viva Brasil版もすばらしいのでどうぞ。

    labo2009-04-15 00:01

    Thumb 50759cb4a4625f2ce1c18841eccb64fe
  • なんでこのタイミングかはまったくもって理由なし。ポール好きなんです。お前はもうあれだ、音楽家ひとりしかきいちゃダメって言われたとしたら日本人なら細野、外人ならポールって決めてあります(こういう危機管理って大切ですよね)。

    で、二人の共通点はどの時代にも「彼×その時代」ならではの傑作があることで、これは70年代後期のポールらしい名曲。フリーソウル界隈で唯一紹介された(たぶん)ポール作品は「GOODNIGHT TONIGHT」だけど、これもいいと思うんだよなあ。ドラムスがドス。

    ripping yardripping yard - 速くて小さな寄る辺なきメディア隣の庭をのぞきこめ!リッピング・ヤードは種を撒くようにあらゆる事柄を紹介していく、寄る辺なき小さなメディアです。…

    labo2009-04-14 23:25

    Thumb 21f27ff6beb8140a7805846d40e349ab