Horrorホラー


  • ルカ・グァダニーノによる新作公開が楽しみなので、ダリオ・アルジェント版をチェック。聞きしに勝る快作だった。まさに「色彩の暴力!」って感じでクラクラするのと、全編を貫くゴブリンの怪演奏!!アルジェントの映画でも際立った一本だと思った。

    https://www.amazon.co.jp/%E3%82%…

    で、改めてティザー観ると、アルジェント版と一致する場面がほとんどなく、これはこれでどうなるんだろうな…とワクワク。なんでレフンじゃなくて、グァダニーノなんだろう、って思ってたんだけど、これはこれで興味深いじゃん。絶対観る。

    mcatm2018-06-09 10:37

    Thumb 9614233c45d18ed4b5ec0eaa40748930
  • 少女はめざめる。自らの内にある「食人嗜好」に、である…。ガハハハハ。

    粗暴な制度と艶かしくも爛れた性、そして数多くの「死」に囲まれた寮生活というゴリッゴリにストレスフルな環境で、食人の誘惑に苛まれていく少女の物語…。これだけ聞くと、「奇天烈さを狙ったカニバリズムもの」なんていう、超安易な企画を想像してしまうが、そうさせないのは作家の力。要は、「そこに行き着くまで」をどのように描くか、が肝でしょう。

    傍若無人な先輩との上下関係に見られるような階級制度的な抑圧、優等生としての立場と教授との軋轢、性的な抑圧、そして動物の生と死を扱い、食人に染まっていく罪の意識。こうしたストレスが丁寧に丁寧に積み重ねられていき、ちょっとした弾みでマグマのように表出してしまう怖さ。入学オリエンとか寮内行事とかで、ペンキやら豚の血(妄想)をぶっかけられたり、イニシエーション気取って生のうさぎの臓物食わされるような学校、俺はすっごい嫌だ。それが象徴的に表現されたパーティーでの衆人環視で行われる「食人パフォーマンス」と、雪だるま式に膨れたストレスがほとんど爆弾のように投げつけられるクライマックスが圧倒的である。

    初めて食人に手を出す「指」のシーンなど、カニバリズムを取り扱う映画では絶対に描かれなければいけない「食人シーン」を、丁寧に真正面から描いたのは本当に好感持てる。強烈な発疹に身悶え、掻きむしり、得体の知れぬストレスの表出として髪の毛を無限に吐き出す悪夢など、生理的に訴えかけるフレンチホラー風味の演出を駆使しながら、なんとも言い難いジャンルの映画を撮ったJulia Ducournau監督の手腕(なんと、クローネンバーグにすら似てない)。ちょっと恐怖趣味に走るとホラー、気取ればアート映画、と針が一気に触れちゃいそうなところを、良い塩梅で「奇妙な、どこにも属さない」映画を撮ったもんだなあと、感心する。パスカル・ロジェ『マーターズ』とか、『ハイテンション』みたいなものを想像すると、ちょっと裏切られるかも。音楽だけ切り取っても、良質なノイズミュージックとして聴けるレベルなんじゃないだろうか(ただ、切り取り方がギクシャクして、時間が止まってしまったように聴こえたところもあり、そこは勿体なかった)。

    主人公のGarance Marillierは、全体的に文字通り身体張った演技を見せてて、その底知れぬ魅力がこの映画の質を底上げしていると思う。終盤のクラブシーンで大股開き目をギラつかせる描写、あれは狂気通り越してほとんどギャグに近いところにあった。あれだけ悪夢的な光景を描いておいて、意外と夢オチが少ない。ラストの諦念溢れる、超覚醒した視点が一番怖かったわ。

    mcatm2018-02-11 11:14

    Thumb 29fc7ad5283a6cac789bc1a51970f7ca
  • エドガー・ライトが大好きなホラー映画百選!

    MUBIEdgar Wright’s 100 Favourite Horror Movies – Movie ListFrom Edgar Wright: "Here, for Halloween, is a chronological list of my favorite …

    mcatm2017-11-02 00:28

    Thumb cc9ff9f52337fe28ec8c5c159c38ce81
  • 毎回毎回映画の話ばっかりで申し訳ないんすけど、Julia Ducournau監督(ジュリア・デュクルノー?って読むんでしょうか)のデビュー作『RAW』が気になる。カニバリズムを描いたホラー作品みたいなんですけど、「失神者続出で、救急車出動」とかそういうこと言われてもあんまり心惹かれない、オレ、擦れちゃったから。

    でも、このポスターのビジュアルな。これはキテるな。

    まあ正直、カニバリズム云々で今更ビックリするようなものが撮れるなんてあんまり期待してないんですけど、そんな枯れすすきのような心にも亀裂が入るような、期待させる予告編だったりもして、まだ完全には心開いてないんだけど、ちょっと気になっています。

    mcatm2017-01-25 02:101

    Thumb 02f9c4ad70123390a5f6a1b7d044cef9
  • ダークレイン

    2017-01-24 00:21

    「豪雨の中、田舎のバスステーションに足止めを食った乗客たちが、謎の発作に襲われて一人、また一人と倒れていく…。発作の原因は何なのか、乗客たちの運命は…」とかいうみたいな惹句で、「これはオレの映画や!」と心高ぶる猛者は、こんな文章読まずに映画館に走って欲しい。「未体験ゾーンの映画たち2017」で上映されている『ダークレイン』は、なるべく予備知識ゼロ、もしくは間違った知識を詰め込んでから劇場に赴くと良い。例えばこの予告。

    (以降、一応ネタバレはないんですけど、先述の通り、なるべく何の情報も仕入れずに行くと良いと思います)

    彩度が極端に抑えられほぼ白黒に近い、フィルムを模したテイストの映像がこちらの期待を否が応でも高めてくれるオープニングは、さながらヒッチコック。ド頭から「これはジャンル映画ですよ!」のサインはバッチリ刻印されている。OK、分かってる。こういうのは8割ゾンビ、1割伝染病で、残り1割サイコパスと相場が決まってるんですわ…(適当に言ってます)とギンギンに鼻息を荒げながら観ていくと中盤、本当に衝撃の展開が訪れ、観客が席からズリ落ちる音が聞こえた気がした。

    驚くべき世界観を提示したこの監督はイサーク・エスバン。全く初見だったが、前作『パラドクス』も傑作らしく、俄然興味が湧いています。とにかく独創的。チープだけど引き込む力と、それっぽく見せるセンスが抜群。

    https://www.amazon.co.jp/%E3%83%…

    大オチを中盤に持ってきてどうなることやらと脱力した状態で観ていると、小気味よいツイストが挟まれて、一言で言うと「永遠に続く不安神経症的世界観」のホラー映画として見事な着地を見せてくれるところはお見事(去年公開になったとあるホラー映画にテーマが似ている)。勿論、チープだし、作りも荒いんだけど、この独特の世界観は十分注目に値する作家だと思いました。

    http://aoyama-theater.jp/feature

    mcatm2017-01-24 00:21

    Thumb fa5f7a334d369546b3241af2407ea190
  • ザ・ウーマン

    2012-11-20 01:11

    映画研究部のパイセンが薦めるものだから観てきましたよ、みんな大好きジャック・ケッチャム原作の『ザ・ウーマン』。たるい演出、間延びした編集、平坦な画、すっとぼけた演技…何より堪え難かったのは、全く場にそぐわない間の抜けた中途半端なアメリカンロックが、緊張感を削ぎまくってたことで、おそらくこの音楽担当と監督さん、飲み友達だったんだろうなーとしか思えない仕事っぷりにげんなりしたものの、結論、すげーーーー面白かった!

    ケッチャム先生の大出世作『オフシーズン』からのお家芸「食人族もの」三部作の第三作目である本作。おうちで食人族の女を飼育しようというナイスアイディアを核に、家族の抱える様々な問題(ほぼ一人に起因する…)が主に悪い方に展開していくという、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のあいつ、『ファニーゲーム』のあいつに並ぶ鬼畜が大活躍する活劇!相手にしているのが完璧なサイコパスが故に、本人の顔色には微塵の変化も見られないまま、周囲に縛られた人々がとにかく不快な気分になっていくという、因果者鑑賞物件としての得点も高いです。しかしそこはケッチャム先生、「それは何の解決にもなっていないだろう…しかし…すっきりした」としか言えぬ、爽快なカタルシスは約束されています!そんじょそこらの後味激悪映画しか作らぬヨーロッパや韓国の映画監督とは違うんだと、高らかに宣言する快活な声が聞こえてくるようです。

    ただし、多分、原作の方が5倍ぐらい面白いんだと思う!(予想です)

    http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B…

    (Youtubeで観られる予告編は、原作のビックラかしなど、ほぼ全貌が把握出来てしまいますので、本編鑑賞前の視聴はオススメしません)

    mcatm2012-11-20 01:11

    Thumb f5d8891b82de88816a820a46993e8153
  • 閉館する渋谷シアターNで、ハーシェル・ゴードン・ルイスの『ゴアゴアガールズ』を観てきた。

    https://www.amazon.co.jp/%E3%82%…

    初っ端、殺人鬼が唐突に現れ、楽屋のストリッパー嬢を鏡に叩きつけたカットから、ファンキーなジャズをバックに現れるタイトルに、過去のHGL作品とは一風異なるスピード感を見て感動していたのも束の間、マヌケとキチガイしか出てこないチンタラしたいつものHGL節爆発。

    ザック・スナイダーが撮ったら40分に収まるんじゃないかと思ってしまうぐらいダラダラとした86分、ツッコミどころだけで言ったら休む暇もない程の見所に溢れた本作。イヤミなだけで全く魅力を感じない主人公、偽の情報に嬉々として踊らされる刑事、無駄に開放的な美人の相棒たちが、空回りする会話、おっぱい乱舞の中、ドタバタ喜劇を演じ、そうそう、ゴアゴアなスプラッタ描写もあったわ。それも、尻を死ぬまで打ち付けたり、フライドポテトの鍋の中に頭押し込んだり、おっぱいの先をちょんぎって溢れ出た母乳で一人乾杯したり、腰砕けになるようなマヌケっぷり。

    極めつけはラストなんですが、まあ、今まで生きてきてこんなに投げやりな映画初めて観ましたわ。思わず「ぇぇぇぇぇ」と力ない声が漏れてしまいました。

    散々マヌケを見せつけられた末の、暴力的な投げやりさ。これはもう立派なエンターティメントだと感じ、今やスプラッタの巨匠と呼ばれるHGLの才能を再確認する良い機会でした。(思うに、HGLって、演出が致命的に下手なだけで、話もなかなか面白かったし、やっぱり取り上げられるだけの才覚はあるんだろうな、って真面目な話)音楽も最高でした。

    そんなHGL映画祭。今週金曜日までやっているので、会社帰りなどに是非。この『ゴアゴアガールズ』もまだ観れます。

    https://www.amazon.co.jp/%E3%83%…

    mcatm2012-10-16 01:48

    Thumb f9a48d750ab11fb8f72159d63c673295
  • 渇き

    2010-12-09 02:39

    何度か語っている通り、韓国という国が如何にしてかのごとき成熟したポップカルチャーを有するようになったのか、不勉強にして分からないのだが、とにかくこと映画において、かの国の洗練は凄まじい域に達している。例えば、日本でも黒沢清(この「渇き」という映画において、この日本が誇るホラー映画の巨匠との関連性を見いだす人は多いのではないか)や北野武といった一部の映画監督の作品を抜き出せば、他の国の映画ファンからすれば日本の映画産業にも確かに洗練が見いだせるのかもしれないが、それはさておいてもそろそろオリエンタリズム的な観た事の無い何か、を目の当たりに出来る機会として、韓国映画を捉えた方が良いような気がする。

    「JSA」等で知られるパク・チャヌク監督の「渇き」。人気俳優ソン・ガンホ(そもそも韓国では彼が劇中でも語られているような「美男子」として捉えられているのかも大いに気になる)を主演に迎え、神に仕える神父が吸血鬼になり、エロティシズムと暴力の狭間で翻弄される様を描いた作品である。

    しかしここに表現されたイメージの数々はあまりに瑞々しく、観客は先に挙げた「オリエンタリズム」をフックにしないと語り得ないような、サイケデリアの洗礼を浴びる事になる。ウィルスに冒される瞬間のカットアップや、ある男性の死を巡る妄想と現実の描写、そしてラストシーンに至るまで、過剰な故に滑稽さすら帯びたサイケデリックな表現がそこかしこに現出する事になる。

    特に、主人公との交流を通して変貌していくヒロインのイメージは、女優の魅力と相まって、この映画を唯一無二のものに昇華していく一つの重要なファクター足り得ている。疲れきった都会の人妻が、妖艶な女性に変貌を遂げる時、物語はその足取り同様に転げ落ちるような不可解に転落していく。

    僕にとっての「ツィゴイネルワイゼン度数」の高いこの作品。ボリス・ヴィアンのようにシュールで、マルクス兄弟のように滑稽、観た事の無いようなエロティシズムを有し、日本の怪談のように恐ろしいこの物語は、恐ろしさの中に笑いがあり、弛緩の中に緊張がある。結果として非常に良質なエンターテイメントでありながら、新種の想像力を提供する装置足り得る。唯一、人間の理を以て進行する義母による断罪シーンの壮絶な、あまりに壮絶なオチを目にした時、娯楽映画の新たな扉が開いた音が聞こえたよ。

    Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾンAmazon.co.jp 公式サイト。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。アマゾンで本, 日用品, ファッション, 食品, ベビー用品, カー用品ほか一億種の商…渇き-DVD-パク・チャヌク/dp/B003KY4D6A/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1291828650&sr=8-1

    mcatm2010-12-09 02:395

    Thumb f4a9c7b9ce44e06ac21466d91cf1a6ce
  • SAW5

    2010-05-08 18:06

    SAW1って傑作じゃないですか。その貯金で、みんな2〜4まで観てるっていう感じだけど、俺は割と2〜4も純粋に楽しめてるんですよね。特に3。あのグロ描写はエポックメイキングで、嫁子供には見せられない(多分やつれちゃうから、飯食えなくて)ところまで踏み込んだかーと感心したものでした。

    SAWは、「不快なんだけど目が離せない」映画から「不快なので目が離せる」映画になってしまったなー。5で。

    というのも、仕掛けも謎解きも単調だったからです。それ以外に無い。オチは多分皆が思いつく2〜3のエンディングのうち、最初に思いついて「まさかこんな単純なオチのはずが無い」と思って候補から外したそれです。その思考のゴミ箱の中に入ってるやつです。そんな映画でした。

    http://www.amazon.co.jp/dp/B002J…

    mcatm2010-05-08 18:061

    Thumb 57c3eae8259bf9f5f78a41f2874fb26c
  • (真面目な方の)"ゾンビ”の第一人者ジョージ・A・ロメロ監督作「ザ・クレイジーズ」が1/16~2/12限定公開される。場所はご存知(?)渋谷のシアターN。35年以上前の無名映画の上映に「一体誰が、何のために!?」というホラー映画のキャッチコピーが脳裏をよぎったのですが、DVD化されたことと2月にリメイク作が全米公開されるところのタイミングみたいです。

    「ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖」の制作は1973年、ちょうど「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」(1968)と「ゾンビ」 (1978)の間にあたる作品で、映画監督としてもまさにエンジンかかってきてます!という時期だったと想像できます。

    すでに昨年末にDVDが発売されてるので映画自体を見ることは誰でも可能ですが、色褪せたスチールを眺める限り、禍々しい空気に満ちたこの時代特有の雰囲気をスクリーンで堪能できると言う点ではかなり貴重な上映なのではないでしょうか?僕はひとまず見に行きます!

    ザ・クレイジーズ-シアターN渋谷
    ザ・クレイジーズ [DVD]-amazon

    INTRO : オルタナティブな視点で映画を愉しむ映画情報サイト日本初公開!ジョージ・A・ロメロ監督「ザ・クレイジーズ」限定上映決定!新作『サバイバル・オブ・ザ・デッド』(原題)の公開も待ち遠しい『ゾンビ』のマスター・オブ・ホラー、ジョージ・A・ロメロ監督幻の作品がついに劇場公開!!細菌兵器の…

    mrarmstrong2010-01-16 03:105

    Thumb 0ddaa23889ddadc6a615e2039cda612f
  • うわあ、出ちゃうよ、SAWのゲーム版。激しい地雷臭もする(でも、このスクリーンショットは比較的良い感じ)けど、サイレントヒルを作ったKONAMIから出るわけですから、ちょっと期待しちゃうよね。プレイしないと思うけどっ!

    サイコホラー映画「ソウ」のゲーム版,海外でKONAMIから発売へ 連続殺人鬼のジグソウによる猟奇殺人事件を描いてヒットした,サイコホラー映画「ソウ」のゲームがKONAMIより発売される(※あくまで海外での発表であり,日本のコ…

    mcatm2009-04-03 23:281

    Thumb 5bde1007d6d57b04bec0c2f62f992520
  • うわー、俺がキングの作品で一番好きな「霧」が、「ショーシャンク」の監督の手で映画化だと!すっげー楽しみ!

    この「霧」って、サイレントヒルの元ネタにもなってるらしいですね。

    映画評論家町山智浩アメリカ日記2007-11-11映画評論家町山智浩アメリカ日記…

    http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9…

    mcatm2007-11-26 00:011

    Thumb 5ae94d4c7f3bf09ea6dbbd21d94e5a62
  • Mouse Cthulhu

    2007-10-26 20:41

    わわわわわ…。これは邪悪なネズミ…。

    http://hugo-sb.tumblr.com/post/1

    mcatm2007-10-26 20:41

    Thumb 5a95f5e0e36fbcb03ada677e9417c729
  • 江戸川乱歩原作、石井輝夫監督「恐怖奇形人間」のDVD公式リリース!

    でも、アメリカから。

    でも、リージョンフリー。

    音声はオリジナル日本語。

    パッケージはリバーシブルで裏面が日本版オリジナルポスターらしい。

    買っちゃお。

    http://www.amazon.com/Horrors-Ma…

    compuedit2007-09-13 09:071

    Thumb f5f44346fa576c510855670d4ceb281a
  • SAW2

    2007-04-10 02:03

    観たよ。

    amazonでも賛否両論でビックリしたんですが、俺、これは相当出来が良いと思う。投げっぱなしの伏線とか、理不尽な行動とか、確かに気にならないと言えば嘘になりますが、前作ともリンクした真相には前作以上の驚きがあったし、テンションも終始高かったと思う。

    序盤から強烈に痛々しくて凹みそうになったんですが、そういうの苦手じゃない人で(かと言って得意でもないような人。俺みたいに)サスペンスが好きな人にはお勧めしたいなあ。

    http://www.amazon.co.jp/exec/obi…

    mcatm2007-04-10 02:03

    Thumb 5288df169b119ff4fd707fc80b1741ca