Music音楽


  • あまりに90年代の香りが強すぎるのが玉に瑕なんすけど、良いよね。Anna Burchのファーストアルバム『Quit the Curse』より、アップテンポな一曲。アルバムもメロが人懐っこい感じで脳内ループしてしまうタイプのギターロックで、オススメっす。

    MusicQuit the CurseImports

    mcatm2018-02-03 03:44

    Thumb 13f1b21e8da36b0799d739d50ff391bd
  • 今、子供用にポンキッキのレコード流してたんだけど、この曲知らなかった!ど名曲じゃん。

    mcatm2018-02-01 12:38

    Thumb cc9ff9f52337fe28ec8c5c159c38ce81
  • MGMT - When You Die

    2018-01-24 10:50

    MGMTの新曲が非常に良かったので、過去のアルバム全部聴いてみた。勝手に苦手なイメージあったんですが、なんで今まで聴いていなかったのかと。

    シンセサイケ的な派手さもありながら、ボーカルとか曲の展開は平熱で、ただそれがポップミュージックとしては異様な執拗さで円環していく中、徐々に曲のテンションが増していくような楽曲。このパターン、すごく好きだなー。今更の話で恐縮です。

    mcatm2018-01-24 10:50

    Thumb cc9ff9f52337fe28ec8c5c159c38ce81
  • 小袋成彬 - 分離派

    2018-01-18 20:08

    サイトデザインがとにかく素晴らしい。トレンド云々ではなく、デバイスやメディア本来の特性を考えると、このデザインは適切だなーと感心。

    • 視線の転換が必要のないワンカラムデザイン。コンテンツの主体が明確な場合に有効
    • コンテンツを直接体験できるものについては、導線を提供するのみ
    • KGI(メルマガ)への導線がファーストビューに表示されている

    でもデザインのこと深く考えなくても、このシンプルな格好良さはユーザーにダイレクトに届き、ふるいにかけ、興味を引く。関心。俺も例外ではないので、「Lonely One ft. 宇多田ヒカル」今、Apple Musicで聴いていますが、How to Dress Wellのようにアブストラクトで空間を感じさせる強烈な美意識を持ったサウンドで、最高。

    かくしてプロモーションは成功。最速でユーザーを獲得、かつ聴いた俺も満足。誰も損しない幸せなビジネスがここにある。

    小袋成彬 分離派小袋成彬オフィシャルサイト「分離派」…

    mcatm2018-01-18 20:08

    Thumb 022604df8bd434eb7880db24cd52f2a7
  • Toy - The Thing

    2018-01-06 15:06

    2015年の作品なんですが、この時期のSmalltown Supersound、超ノリに乗ってたの思い出しました。ジャケとかM1から想起するのは、パスカル・コムラードとかクリンペライみたいなトイポップなんですが、レーベルカラーに沿った、キム・ヨーソイとかDirectorsoundのような陽性のエレクトロニカと考えてOK。ゆるーいラガエレクトロニカみたいのも、妙にしっくりきた。

    mcatm2018-01-06 15:06

    Thumb 18c1ed1f88de5b1133d6ec1dd7211bce
  • 東郷清丸 - 2兆円

    2018-01-06 04:27

    タイトルもジャケも異様に良いと思います。

    Music2兆円ALLRIGHT MUSIC

    ようやくApple Musicに来たので聴いてみたのですが、なんと60曲収録、1時間50分(!)の大作。アルバムという体裁でガッツリ作ったのは前半9曲(?)で、残り51曲はやりたい放題というノリだと思って油断してたら、疲れ果てた終盤も終盤、怒涛の弾き語り名曲揃いで、なかなか楽しめました。

    でもやっぱ最初に聞くならこれかなー。

    mcatm2018-01-06 04:27

    Thumb a7939d4e207bc40b0efe534b126102bf
  • ニューイヤーで、新作発表したよー」とのことなのでどれどれ…とチェックしてみたら、なんとアルバムじゃないすかー、Francis and the Lights!

    つーことで、これから聴いてみますがハッピーニューイヤー。これからは気張らずメモのように書いていくことにしますねー。

    mcatm2018-01-03 23:27

    Thumb a3e8892720cf33a45ad022da390db510
  • たまに思い出すんだけど、名前がどうしても出てこなくて困ってた人。今日、いよいよMixiの過去の日記から掘り出した。マクローリー。カナダのワンマンロックバンドだよ。両手にシンセ、靴でドラム、胸にもパッドを装備して、ヘッドセットマイクで歌う彼、マクローリー。絶対格好良いはずなのに、観てみてこれ。メチャクチャおもろいから。

    https://www.youtube.com/watch?v=…

    mcatm2017-10-26 20:24

    Thumb cc9ff9f52337fe28ec8c5c159c38ce81
  • MusicSouth East Asia by Joel VandroogenbroeckCleopatra Records

    まだ、この「South East Asia」ぐらいしか聴いてないんですけど、Joel Vandroogenbroeckっていう人。奇才。

    70年代から活動しているスイスのシンセ/フルート奏者にして、アンビエント音楽家なんですが、ちょっと特殊な設定のレコードばっかり作っててどれも好事家的には垂涎。

    この作品については、どうやら東南アジアの妄想民族音楽を作っちゃったみたいなんですけど、おそらく何やらえらく大仰なシンセサイザーを用いているにもかかわらず、アウトプットとしては淡々とこしらえたっぽい朴訥な作り(文字通り、「こしらえた」感、つまりは手作り感あり)。猛烈なマヌケ美が漂ってて、ただならぬもんを感じます。

    Apple Musicにも大量に登録されていたので、片っ端からチェックしていこうと思っています。それぞれコンセプトが異なるっぽくて楽しみ。

    mcatm2017-03-03 01:32

    Thumb 447368fe0c8c453b1012801838c84dc2
  • Dirty Projectorsの新作から、超キャッチーなこの曲のPV。
    まずさあ、そもそもさあ、これ、どうやって撮ってるんでしょうね…。

    アルバム自体、すげえことになってたので、また書きます。

    Musicダーティー・プロジェクターズHostess Entertainment

    mcatm2017-03-02 00:23

    Thumb 97acf0f11c7f11f8ad0dc0a46bcc66c3
  • Hoops - Routines

    2017-02-28 01:44

    Fat Possumより、Hoopsの1st Full Lengthが出るみたい!5/5発売。Apple Musicで一曲だけ公開されている楽曲「Rules」(相変わらず潔いタイトル)が既に最高で、期待がグイグイと高まります。

    Ariel Pinkのような(主に音質面での)時代錯誤感がありながら、本人たちは至って素で楽しく音楽やってるっぽくて、好ましい。でいて、楽曲の完成度は極めて高いっすよ。前作聴いてください!

    MusicHOOPS EPPIASU

    mcatm2017-02-28 01:441

    Thumb 0cc9da81e992fa06605801c71f248968
  • 本日!売上を、全額「アメリカ自由人権協会」に寄付してくれるそうです。

    And so all day this Friday, February 3rd (starting at 12:01am Pacific Time), for any purchase you make on Bandcamp, we will be donating 100% of our share of the proceeds to the American Civil Liberties Union, who are working tirelessly to combat these discriminatory and unconstitutional actions.

    Bandcamp DailyToday, Stand with Bandcamp in Support of Immigrants/Basic Human ValuesLike 98% of U.S. citizens (including the President), I am the descendant of immi…

    トランプの大統領就任から100日間連続で曲をリリースし続けるプロジェクト「Our First 100 Days」など、激震の一週間を受けて、抗議運動が活発化してきましたね。いささか残念なことに、こういう時にアンダーグラウンドのシーンは活性化しますので、しっかり動向を観察していきたいです。

    mcatm2017-02-03 14:52

    Thumb 4316ef1cd81eebc64cf9e2f4ad2e5cbe
  • Joan of ArcにJeremy Boyleが復帰と聴いて、結構心躍った人は多いんじゃないかと思います。久しぶりの新譜ながら、従来作より明らかに電子音の比率が多い作風に、アヴァン・ポップとエクスペリメンタルミュージックの奇跡的な邂逅を見ることが出来るのでは…と期待。先行発表された「This Must Be The Placenta」はその期待に応える出来だったのではないかと思います。

    その他は、今のとこ割と地味目な感じだなー。Bandcampで全曲試聴できるので、是非。

    MusicHe's Got The Whole This Land Is Your Land in His Hands7 e.p.

    mcatm2017-02-02 02:18

    Thumb 421be443da8bbea889c0a7659a00b599
  • いや、俺、数多いる女性SSWの中でも、かなり好きなんです、ローラ・ギブソン。

    元々、2010年に発表されたEthan Roseとの共作盤「Bridge Carols」が大好きで。この盤では、幽玄なピアノサウンドと繊細なエレクトロニクスの中、圧倒的な「声の力」で楽曲を引っ張っていくローラの存在感がとにかく印象的で。僕の中では、Joan of Arc「Live in Chicago, 1999」や、Gastr Del Sol「Camoufleur」などと比較される大傑作という、まあ相当強烈な印象でした。

    MusicBridge CarolsHolocene Music

    そこから派生してお互いのソロ作も愛聴していました。ソロ作を聴く限り、ローラはシンプルなフォークシンガーという認識で、声の力は確かだし、さらに曲も素晴らしかったので、この二枚はしばらく聴いていたなー。

    MusicIf You Come to Greet MeHush Records

    そんなこんなで今年、新作「Empire Builder」を聴いたら、「シンプルなフォークシンガー」という印象よりは、もう少しロックミュージックというか、力強くも装飾的なイメージを受けて、最初はあんまりハマれなかったんです。しかしながら、何度も聴いていくうちに、変わらぬ楽曲の良さと、最初は装飾的に思えたアレンジも絶対的に見れば抑えるところ抑えた、地に足着いた表現であることに気づいて、気がついたら口ずさむ感じになったところで今回の来日。

    Musicエンパイア・ビルダースウィート・ドリームス・プレス

    何故「ハマれなかった新作」を何度も聴けたかというと、このライブ映像を観たから。この映像で、「シンプルなフォークシンガー」という枠からは少し外れたアグレッシブなパフォーマンスと、全くブレない声の力を感じることができたんですが、みなさんにもオススメですよ。一曲目の「La Grande」は2011年のEPに収録された楽曲。

    MusicLa Grande [7 inch Analog]Jealous Butcher

    ということで、来日公演を観てきました。渋谷の7th Floor。共演にICHIさんとレイチェル・ダッド。どちらも久しぶりに観たのですが、アップデート甚だしくて素晴らしい気持ちに胸が一杯になりました。

    ローラはギター一本での登場。笑顔がめちゃくちゃ可愛らしい(!)女性が、ひとたび歌い出すととんでもなく枯れた声のブルースシンガーという風情に包まれて、この声を浴びること自体が至福でした。最新作の楽曲をほとんどと、先述の「La Grande」、1stアルバムから名曲「Hands in Pocket」を披露。CとかAmといったシンプルなコード進行で、あれだけのバリエーションを紡ぎ出してくるあたり、力強さを感じました。

    mcatm2017-01-31 01:27

    Thumb 60501ca24147b918de359cb2b9cbf35e
  • Real Estate - Darling

    2017-01-28 11:46

    Real Estateも新譜が出るとのことで、先行PVがこれ。ド名曲。常に期待通りのことをやるっていうのも難しいと思いますが、見事なまでに俺の聴きたい「Real Estatesの新曲」だった。ニューアルバム、楽しみですねーーー。

    mcatm2017-01-28 11:46

    Thumb 97acf0f11c7f11f8ad0dc0a46bcc66c3
  • Foxygen - Hang

    2017-01-28 03:22

    404 error - File Not Found

    Foxygenの新作が出たんだけど、どっちかというと前作から新作までの間にLemon TwigsとWhitneyをプロデュースしたっていう事実がマッシブ過ぎて、かなりハードル上がってた(きちんとその辺触れてるBig Love信頼できる)。けど、聴いてくださいよ、この曲。俺はこういうのをバブルガム・ポップって呼ぶのだと思ってるんだけど違いますか?

    MusicHangJagjaguwar

    書き忘れてるけど、去年の末に聴いたD'Addario兄弟によるThe Lemon Twigsのアルバムも本当に素晴らしいから、聴いていない方は是非。Foxygenの片割れがプロデュースしています。中期キンクスみたいな遊びが随所に散りばめられてるのが良い。そろそろ来日するんすよね?

    MusicDo Hollywood[輸入盤CD](CAD3650CD)4AD

    mcatm2017-01-28 03:22

    Thumb 6a9923fbcbe6596ec21cb3f11b6ac44a
  • もうすっかりおじいちゃんが悪ふざけに付き合わされている風情が出ちゃってる。「It's The End Of The Year As We Know It」って。途中でJames Francoまで出てきます。なんで?

    MusicDocumentCapitol

    mcatm2016-12-17 03:28

    Thumb 704b27084030f0e97ce3ce3e5953e9e5
  • Chairlift解散

    2016-12-17 03:12

    Chairlift Break Up | Pitchfork“Patrick will be going on to produce records full-time, and Caroline to make mus…

    あーあ…。解散…。2017年のツアーを最後に、解散…。

    日本で観れたのはラッキーだったな、と思いつつ、最近のエレクトロR&B路線も面白かったので、もうちょっと観たかったなと寂しい気分になりました。キャロラインはソロシンガーとしてやっていくみたいなので、Ramona Lisaは続くんですかね。そっちに期待せよ、ってことなのかな、寂しい。

    mcatm2016-12-17 03:12

    Thumb 78da2c2058c1350797603822e3511061
  • NYのGhostly InternationalからリリースされたBlack Marbleの新作。初っ端、児戯っぽいエレクトロループでビビるが、エレポップとノーウェーブの中間ぐらい、実に良いところを攻めてくる好盤。M-2「Iron Lung」のようなアップテンポのエレポップは、Captured TrackのMinksのような青臭さが良いなー。

    MusicIT'S IMMATERIALGHOIN

    mcatm2016-11-22 01:17

    Thumb 0d3e7d54edbd16db988a5ea050c9687c
  • また、ド中央のフリーウェイに金鉱みつけた。今井美樹今井美樹。知ってる?今井美樹。

    とりあえず、許可局で流れて知った、イントロシンセから穏やかじゃないKAN仕事「雨にキッスの花束を」がすんげー良かった! 

    http://www.youtube.com/watch?v=3…

    それと自分に「編曲」という概念を初めて教えてくれた軽快なポップナンバー「彼女とtip on duo」。聴きなおしたら、やっぱ、間違ってなかった。(1988年の日本レコード大賞編曲賞を受賞しています。「編曲なんじゃそりゃ」って強烈に覚えてる ) 

    それから、こういうレイドバックした感じのもいい。
    「私はあなたの空になりたい」 

    極め付け。これアーバンすぎ。2002年かー。当時聴いてたら大騒ぎしてたな。だってホーンがホーンで、コーラスがパーパラッパー。
    「微笑みのひと」 

    http://www.youtube.com/watch?v=P…

    2013年にインコグニートを従えてまさに「中央フリーウェイ」やってるね。 

    個人的には極私的思い入れソングRickie Lee Jones - Companyの完完完コピ(トッドラングレンのビートルズカバーばり)が貼りたかったんだけど削除されてたー。また探してみます。

    labo2014-07-05 22:51

    Thumb 4c6d1ba15416c567eb2c101a701a5e6c
  • 今年の中盤、この映画が好き過ぎてとてもマズいことになった。

    タランティーノの新作だ!と飛びつくような熱心なファンでもないし(『パルプフィクション』観たよ、今年初めて!面白かった!)、そもそもこれはタランティーノ作品でもなく、監督は単にカンフー映画撮りたかっただけのヒップホップスター・RZA。ウータンフリークでもない俺にとって、その時点で引きがゼロ。そんな人が成り行きで観に行き、結果三回も映画館に通うことになるわけだから、映画ってわからない。

    往年のカンフー映画にマッドマックス足して10掛けたような過剰な世界観が、ウータンの名曲に乗って幕を開ける。RZA演じる村一番の武器職人は、街のワル共に両腕を切られ、復讐心をフツフツと煮えたぎらせる。一方、村ではそのワル共が勢力争いの末にボスを暗殺、その息子は命を狙われる。幾重にも重なった復讐譚がこの物語の基盤。多少の粗は一切気にせず展開していく物語のスピード感、それでいて破綻しない絶妙なバランス感も、この映画の魅力だ(これは、脚本に関わったイーライ・ロスのイイ仕事かも)。

    愛さずにはいられない世界観(絶対行きたくねえけど)。特に、監督自身が演じた鉄の拳を持つRZAの「虚無」な表情、映画史上稀に見るエロさを爆発させたラッセル・クロウ、キルビルよりかっこよかったルーシー・リューなど役者の魅力が活きていたキャラクターや、見た人みんな忘れられないだろう双飛(無駄な動きが多いがちょーかっこいい美形夫婦)、鉄の拳を持つ男・RZAのライバルとなる鉄の身体を持つ男・金剛といった「俺の考えた最強のカンフー映画」感満点のキャラクター、他にも売春宿の過剰に煌びやかな感じとか、観た人なら分かるブラックウィドウ、悪役たち、村の孤児たちなど、愛が溢れてるが故にこちらも負けじと愛したくなる世界が、物語に豊かな色彩を与える。やっぱ、創作ってマーケティングとかバジェットとかじゃない、意欲があれば何にも勝るんだということを信じさせてくれる熱量が、この世界を産み落としたんだと思う!

    俺の好きなあいつらが、有無を言わさぬスピード感で敵たちをぶちのめしてくれればそれでもう言うことはないはずなんだけど、細かいところもちゃんと気が利いててるのが、意外と気が小さくて良いヤツなのかもRZA。俺が好きなシーンは、ゼン・イーが新妻を置いて戦地に赴くところで、ネクタイ締め直す感じで仕込みナイフをシャコン!ってさせる爆笑シーンなんだけど、そういう細かい、場合によってはどーでもいいディティールの積み重ねで、荒唐無稽にドライブがかかるのだから見逃せない。他にも音の使い方、例えば金剛が胸筋をピクリとさせるたびに鳴るドーンという効果音や、双飛妻が敵の胸板を駆ける時に鳴る必要以上に激しい効果音など、「それ、よく考えたら、景気いい音足してるだけじゃねえか」と思うんだけど、脳味噌カラにして鑑賞してる時には全く気づかず歓声あげてる。映画と音のマジックで作り出す甘美な嘘を堪能できるという意味で、やはりこれも気の利いた作りだなーと感心してしまう。

    リアリティラインの絶妙な設定、つまり「荒唐無稽でかっこイイっしょ!」に振り切ったおかげで、数ある残虐描写も笑えるものになっていると思うし、色々すったもんだでクライマックス、あの二人が遂に同じステージに立つその瞬間の、音楽、演出、舞台、役者、すべてがギュッと集中していくゾクゾク感は、荒唐無稽では語りきれないサンピンスペシャルなものがあった。舐めてるとぶっ飛ばされる快作で、俺はこれを2013年に観た新作映画の三位にランクインさせました。オススメ。

    DVDアイアン・フィスト [DVD]ジェネオン・ユニバーサル

    mcatm2013-12-29 03:52

    Thumb 95ee43f52cace3dfb9da833172101e9b
  • 「すごい歌、歌うなあ、すごい歌い方で」とか思っていたものの、録音物はとっ散らかった印象だったりして、あんまり入り込めなかった大森靖子さんですが、この曲、キラーすぎて死んだ。PVも、そのエモーショナルな側面を存分にブーストさせる役回りを担っていて、有り体ですが「最高!」と言いますよ私は。大森さんがここまで魅力的に見えるのって、やっぱり勢いってあるんだなあと、少なからずそう思った。

    http://poidol.net/

    で、過去のとっ散らかった音源ですが、やっぱしご本人あんまり録音物に思い入れなかったみたいですね(初めて知った)。しかしながら、12月に発売される新譜。こちらにも「ミッドナイト清純異性交遊」は収録されていて、こちらはなんとテクノポップアレンジ(!)。カーネーションの直江さんプロデュースのおかげか、曲調は本当にバラッバラなのにも関わらず統一感あって、オーバープロデュースなのに生っぽいという素晴らしい音源になっていました。これは愛聴するかな。

    セカンドアルバム 絶対少女 | 大森靖子公式ページシンガーソングライター・大森靖子の公式ホームページ。セカンドアルバム『絶対少女』二〇十三年十二月十一日発売。…

    Music絶対少女インディーズレーベル

    mcatm2013-11-17 01:08

    Thumb d2296f8c178864770f739c5faa6d901e
  • 黒と白の抑制されたヴィジュアルがよく映える、都会のファンクとも形容したくなる渋みの聴いたリズムとファルセット。シンガーソングライターFrancis Farewell Starliteの率いるFrancis and the Lightsの音楽をここ数年本当によく聴いているが、一向に日本語で言及される気配がない。それもそのはず、数枚のリリースは未だに日本版がなく、はっきり言ってレコード会社がどうかしてると思うよ。(Polydorと契約したみたいなので、次作は大丈夫だろう)

    如何にもNYといった風情のクールネス、Blue Eyed Soulの再来、Talking Headsから滑稽さを抜き、たっぷりのナルシズムを添加したようなこのバンドは、その名の通り、照明を印象的に扱い、特にPVの出来が素晴らしい。

    the Top
    主にリズムボックスとシンセの音で構成されたあまりに渋い楽曲。Francisの素晴らしいダンス(狂乱とクールネスの中間で右往左往しているように見える)と、もしかしてインスタレーションじゃないだろうかと見まがう驚愕のラスト。最初観た時は大笑いした。

    Darling, It's Alright
    とにかく照明を使ったアイディアが最高にクールな一曲。

    前述のDavid Byrneや、Fine Young Cannibalsなどなど、参照出来るアーティストは過去に沢山あれど、ビジュアルを含めた全ての要素がここまで完璧に仕上がったバンドはそう無いはず。

    そして現時点での集大成とも言える映像がこちら。NYにあるパフォーマンスアートの劇場を使って行ったライブ映像で、20分程度だが、まさに真骨頂といった感じのファンクミュージックが、息をつかせる間もなく展開される。最期の最後まで痺れるので、上記PVが気になった人は時間のある時に一気に観てください!

    MusicIt'll Be BetterCantora Records

    FRANCIS AND THE LIGHTSall enquiries …

    mcatm2012-12-04 01:45

    Thumb 9a7cb1cefad4fca6286186c3f858a0a3
  • Sun Color Bandが一日限りの日本公演!

    …と言っても、僕もさっき名前を知ったんですけど、速攻bandcampで音源を購入。好事家でない限り「有象無象」で片付けられてしまいそうなのが残念なのですが、この密教っぽさと適度な軽さ、グリッジーなアートワークのセンスなんかは、Black Diceなんかの煮込み音響を連想させる塩梅でとても気に入っています。

    共演のLike Acid Juansも気になる。どこかで音源買えるかな?

    mcatm2012-04-01 18:03

    Thumb 922d50a353de351263a3baa1deb1344a
  • もう何百回と世に提出された議題ではあれど、何度見てもそのインパクトに刮目してしまうのは、どのジャケも本気で作ってるからでしょうな。個人的にはすっとぼけた間抜け面晒してる「だけ」のやつが結構好き。

    Worst Album Covers of All Time

    mcatm2012-03-31 01:49

    Thumb 1e58cf820388c47d3271e0cdf63c8978